コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気象庁の緊急地震速報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

気象庁の緊急地震速報

地震が発生すると、初期微動P波(秒速約7キロ)に続いて大きな揺れをもたらすS波(同約4キロ)が来る。この時間差を利用し、P波をとらえて、震源や規模、各地の震度を瞬時に推定し、S波が来る前に発表する。気象庁は、想定される東南海・南海地震が起きた場合、条件がよければ、大阪市に大きな揺れが来る20〜30秒前に情報を出せると試算する。ただし、直下型地震では間に合わないほか、誤差があるなどの限界も指摘されている。

(2006-07-29 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android