コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水かき(蹼) みずかきweb

翻訳|web

1件 の用語解説(水かき(蹼)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みずかき【水かき(蹼) web】

水生動物の指と指の間にあるうすい皮膚の膜。カエルや水鳥,カワウソなど一部の哺乳類などにあって,遊泳や潜水の際に水をかくのに役だつ。鳥類の足指は,水かきの発達の程度によって,全蹼足(ぜんぼくそく)totipalmate(4本の指が全部水かきでつながる。ペリカン目のみ),蹼足palmate(前3本の指が水かきでつながる。カモ,カモメミズナギドリなど),半蹼足semipalmate(指のつけ根の間に小さな水かきがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の水かき(蹼)の言及

【巣】より

… また,ゴリラやチンパンジーは毎日夕方に樹枝で就眠用の〈巣〉を造る(鳥についてはこのようなものは〈ねぐら〉または〈ねぐら穴〉と呼んで巣とはいわない)。このように,繁殖とは関係がなくとも,みずから造る構造物であれば巣と呼ぶことも一方では行われて,アリジゴクの巣,クモの巣web,トビケラの巣caseなどにまで概念が拡張されている。動物の中で手の込んだ顕著な巣を造るものは,哺乳類(カヤネズミ,ビーバーなど),鳥類(ハタオリドリが有名),魚類(トゲウオなど),昆虫類(シロアリ,ミツバチなど),クモ類などであるが,これらの動物が示す造巣行動(造巣技術nest‐building)は古くから博物学者の注目を浴びてきた。…

※「水かき(蹼)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone