水かき/蹼(読み)みずかき

百科事典マイペディアの解説

水かき/蹼【みずかき】

水生動物の肢の指間に張られた薄膜。角質化した表皮側方に伸びて生じたもの。鳥類足指は,蹼の発達の違いによって,4本の指がつながった全蹼(ぜんぼく)足,前体だけがつながった蹼足,指のつけねの間にのみある半蹼足などに区別される。カエルやビーバーカワウソなどの後肢にもあり,水をかくのに便利。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android