水上 滝太郎(読み)ミナカミ タキタロウ

  • 水上 滝太郎 (みなかみ たきたろう)

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の小説家,評論家,劇作家,実業家 明治生命保険専務。



生年
明治20(1887)年12月6日

没年
昭和15(1940)年3月23日

出生地
東京市麻布区飯倉町(現・東京都港区)

本名
阿部 章蔵(アベ ショウゾウ)

学歴〔年〕
慶応義塾大学部理財科〔明治45年〕卒,ハーバード大学

経歴
慶大在学中の明治43年、永井荷風により「三田文学」が創刊され、44年同誌に処女作「山の手の子」を発表、新進作家として認められる。作品集「処女作」「その春の頃」「心づくし」を出版。大正元年米英仏に留学、5年帰国して父の創立した明治生命保険に勤務。6年から大阪に2年住み「大阪」「大阪の宿」などを発表。14年休刊中の「三田文学」を復刊。7年〜昭和15年「貝殻追放」と題する評論随筆を書き続け、小説、戯曲も執筆。生涯作家と実業家の二重生活を続け、昭和15年明治生命保険専務に就任。「水上滝太郎全集」(全12巻 岩波書店)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1887年12月6日
明治時代-昭和時代の小説家;評論家;劇作家
1940年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android