コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水俣病と水俣学

1件 の用語解説(水俣病と水俣学の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

水俣病と水俣学

チッソ水俣工場(熊本県水俣市)の排水が原因の有機水銀中毒。国の公式確認は1956年だったが、公害病と認めたのは68年。今も国の認定基準をめぐって訴訟が続く。認定患者は約2300人、未認定患者は5万人以上。さらに多数の潜在被害者がいる。水俣学は、半世紀以上も混迷を続ける水俣病問題を通してどのような教訓を導き出せるかを探る、学際的な取り組み。原田氏が2002年から熊本学園大で開講した。従来の学問の枠にとどまらず、被害の現場や当事者から学ぶことが特徴だ。患者も講師になる。栃木県の足尾鉱毒事件で強制破壊された谷中村に住み、被害民から学んだ田中正造の「谷中学」をヒントにした。

(2011-05-25 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水俣病と水俣学の関連キーワード水俣市水俣病水俣市のダイオキシン問題水俣病教育水俣病公式確認政府公式見解水俣のメチル水銀汚染水俣病被害者救済法江頭豊浜元二徳

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone