コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水俣病患者の認定

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

水俣病患者の認定

旧環境庁が1977年に定めた基準によって熊本県などが担ってきた。手足感覚障害のほか、動きがぎこちなくなる運動失調、見える範囲が狭くなる視野狭窄(きょうさく)など複数の症状が必要。いずれか一つで足りるとした71年の基準が厳しくなり、患者認定の激減につながった。認定されれば原因企業のチッソなどから1500万~1800万円が支払われる。これまでに認定されたのは約3千人。一方、政府は77年基準を満たさない「被害者」に、一時金210万~260万円を支給する「政治決着」を重ねている。1995年は約1万1千人が対象となり、救済特措法に基づいた2009年の措置には約6万5千人が申請している。

(2013-04-17 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

水俣病患者の認定の関連キーワード水俣病未認定問題

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水俣病患者の認定の関連情報