水俣病被害者救済策

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

水俣病被害者救済策

熱さや痛さなどを感じにくくなる水俣病の典型症状が確認された人が対象。原則として、不知火海(新潟は阿賀野川)に工場からメチル水銀が垂れ流された当時、沿岸や流域の対象地域に1年以上住んだことが条件。2009年成立の水俣病被害者救済法に基づく。1995年に続く「第2の政治決着」と呼ばれる。

(2014-08-29 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android