コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水屋・水谷・水遣 みずや

大辞林 第三版の解説

みずや【水屋・水谷・水遣】

神社・寺院などで、参詣人が手などを清めるための水を入れた鉢を据え、屋根などを設けた所。
水を扱う所。台所。また、そこに置く、食器類を入れる棚。
(「水谷」「水遣」とも書く)茶室に付属した勝手。茶道具を整頓する棚と、道具を洗うための流しがある。
よく洪水のある場所で、避難用に建てる高い土盛りをした家。
水売り」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水屋・水谷・水遣の関連キーワード水売り茶道具洪水寺院水谷茶室

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android