水島 爾保布(読み)ミズシマ ニオウ

20世紀日本人名事典の解説

水島 爾保布
ミズシマ ニオウ

大正・昭和期の日本画家,漫画家,小説家,随筆家



生年
明治17(1884)年12月8日

没年
昭和33(1958)年12月30日

出生地
東京・根岸

本名
水島 爾保有

別名
号=無弓

学歴〔年〕
東京美術学校日本画科〔明治41年〕卒

経歴
明治45年山本露葉、武林無想庵らと文芸誌「モザイク」を創刊、小説や戯曲を発表。一方、同年小泉勝爾らと先鋭的な日本画研究グループ・行樹社を結成。大正4年ジャーナリスト・長谷川如是閑の勧めにより大阪朝日新聞社会部に専属画家として入社したが、7年白虹事件の弾圧に抗議して退社。以後、同じく退社した如是閑らの雑誌「我等」に風刺的な随筆や短評を発表した。この間、9年「阿修羅のおどり」で帝展に初入選、以後2回入選。昭和12年中越実業新報の招きで長岡市に移り、亡くなるまで新潟県内で暮らした。英国の世紀末画家・ビアズリーに似たデカダンスな絵で知られ、小説、随筆、漫画、装丁、舞台装置など幅広い方面に才能を発揮、130以上の雑誌に作品を発表した。画家としての代表作に「東海道五十三次」がある。著書に「愚談」「痴語」「新東京繁昌記」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android