水煙・水烟(読み)すいえん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 水がこまかに飛び散って煙のように見えるもの。みずけむり。みずしぶき。もや。
※和漢朗詠(1018頃)上「嵆宅晴を迎へて庭月暗し 陸池日を逐うて水煙深し〈具平親王〉」 〔梁簡文帝‐登烽火楼詩〕
② (形が火に似ているのを忌み、同時に火を調伏(ちょうぶく)する縁起からいう) 仏語。塔の九輪(くりん)の上部にある火焔(かえん)形の装飾。
※寂照堂谷響集(1689)一「上火珠者、最上金宝珠、我俗忌憚称一レ火故呼為水円
③ 中国で、タバコをのむときに用いる器具。煙を水に通してのむもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android