コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水素自動車と燃料電池車

1件 の用語解説(水素自動車と燃料電池車の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

水素自動車と燃料電池車

水素を燃料とする点は同じだが、水素自動車は水素をエンジンで燃やして動力を得る。これに対し、燃料電池車は水素と空気中の酸素を化学反応させて発生する電気を電池に蓄え、動力として使う。ともに走行中に水蒸気を発生するが、二酸化炭素は出ない。ただ、水素自動車は高温燃焼によって微量の窒素酸化物が出るため、触媒などで取り除く必要がある。燃料電池車が「究極のエコカー」と呼ばれるのは、水素自動車と違って汚染物質を出さないうえ、エネルギー効率が高いとされるためだ。

(2007-10-12 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水素自動車と燃料電池車の関連キーワード液体水素水素ランプ水素自動車水素ステーション軽水素水素貯蔵合金水素酸ヒドロITER(イーター)重水素実験

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone