水質浄化植物(読み)すいしつじょうかしょくぶつ

大辞林 第三版の解説

すいしつじょうかしょくぶつ【水質浄化植物】

水質の浄化に役立つ水辺植物。リン・窒素など汚染の原因となる物質を吸収する、遮光により植物プランクトンの発生を抑えるなどの効果が期待できる。アシ、マコモ、ホテイアオイなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android