水越与三兵衛(初代)(読み)みずこし・よそべえ

朝日日本歴史人物事典の解説

水越与三兵衛(初代)

生年:生没年不詳
江戸後期の京都の陶工。父は杉浦仁蔵という京都三条の豪商であったが,母方の家を継いで水越を姓とした。与兵衛,与三平とも。京都岡崎の文山について陶法を学び,五条に開窯,南蛮花入の写し,唐津焼,萩焼茶道具の写しなど写し物を盛んに作り,亀甲の中に「与三」の2字を入れた印を捺した。文政5(1822)年に加賀(石川県)の陶工桶屋伊三郎が与三兵衛に陶法を学んだことが『九谷陶磁史』にみえる。2,3代と家業を継いだが,万延1(1860)年に陶家の伝統は絶えたといわれる。

(矢部良明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android