コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水酸化スズ(水酸化錫) すいさんかすずtin hydroxide

1件 の用語解説(水酸化スズ(水酸化錫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんかすず【水酸化スズ(水酸化錫) tin hydroxide】

酸化数IIおよびIVのスズの水酸化物が知られている。
水酸化スズ(II)]
 化学式Sn(OH)2。塩化スズ(II)SnCl2などのスズ塩の水溶液にアンモニア水あるいは希アルカリ水酸化物水溶液を加えると白色の沈殿として得られる。生成条件によって水和度が異なり一定の組成をもたないが,通常,Sn(OH)2と書かれる。160℃以上に熱すると分解して酸化スズ(II)SnOを生ずる。 Sn2++2OH⇄SnO(固体)+H2Oの反応として求められる溶解度積は[Sn2+][OH]2=6.3×10-27(mol/l)3(25℃,イオン強度0)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone