水野忠恒(1)(読み)みずの ただつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野忠恒(1) みずの-ただつね

1701-1739 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)14年8月6日生まれ。水野忠周(ただちか)の次男享保(きょうほう)8年(1723)信濃(しなの)(長野県)本藩主水野家6代となる。10年将軍徳川吉宗に成婚の報告のため登城,乱心して松の廊下長門(ながと)府中藩の世子毛利師就(もろなり)にきりつけた。改易(かいえき),蟄居(ちっきょ)となり,家名は叔父水野忠穀(ただよし)がついだ。元文4年6月28日死去。39歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android