氷花・氷華(読み)ひょうか

精選版 日本国語大辞典の解説

ひょう‐か ‥クヮ【氷花・氷華】

〘名〙
① 氷が花のように結晶したもの。氷の花。
経国集(827)一〇・和良将軍題瀑布下蘭若簡清大夫之作〈惟貞春道〉「鏡色毎将空性徹、氷華長罄道心虚」 〔銭俶‐宮中詞〕
② 樹木や枯草などに水分が凍りついて白い花をつけたようになる現象。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報