コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田茂右衛門(2代) ながた もえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田茂右衛門(2代) ながた-もえもん

?-1693 江戸時代前期の治水家。
父の初代茂右衛門が常陸(ひたち)水戸藩に起用されると,慶安2年以来父とともに久慈川,那珂川から取水する辰(たつ)ノ口,岩崎,小場(おば)の3大江堰(えぜき)を完成させたほか,おおくの灌漑用水をつくる。藩主の徳川光圀(みつくに)から円水の号をあたえられた。元禄(げんろく)6年死去。前名は勘右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永田茂右衛門(2代)の関連キーワードコングリーブ(劇作家、詩人)近松門左衛門ニュートン(Sir Isaac Newton)天文学史(年表)日韓中高生交流事業品井沼干拓池田宗旦異称日本伝井原西鶴西鶴置土産

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android