汗疹・熱沸瘡(読み)あせぼ

精選版 日本国語大辞典の解説

あせ‐ぼ【汗疹・熱沸瘡】

〘名〙 =あせも(汗疹)《季・夏》
易林本節用集(1597)「熱沸瘡 アセボ、汗瘡 同」

あせ‐も【汗疹・熱沸瘡】

〘名〙 汗が体外へうまく排出されないために皮膚にできる、かゆみを伴った赤いただれ。あわ粒程度の小さな水疱性湿疹で、からだの表面に広く分布しているエクリン腺の汗管がつまって起こる。汗疹(かんしん)。汗瘡(かんそう)。あせぼ。《季・夏》
※十巻本和名抄(934頃)二「熱沸瘡〈略〉新録方云治夏月熱沸瘡〈和名阿世毛今案沸字冝作疿乎〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android