コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚れる・穢れる けがれる

大辞林 第三版の解説

けがれる【汚れる・穢れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 けが・る
きたない状態になる。多く、観念的・内面的なきたなさをいう。
正しさ・清潔さ・清らかさを失う。神聖さがそこなわれる。 「身も心も-・れてしまった」 「 - ・れた金を受け取る」
女性が貞操を失う。
服喪・月経・出産などのために、不浄になる。 「よべより-・れさせ給ひて/源氏 浮舟」 〔「けがす」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

汚れる・穢れるの関連キーワード自動詞服喪

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android