コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚染マップ

1件 の用語解説(汚染マップの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

汚染マップ

文科省などが4月に作り始め、年内に計22都県分の公表を目指している。航空機モニタリングという手法を用い、ヘリコプターに高感度の検出器を乗せて地表の放射線を測定、地上1メートルの線量を割り出す。地上で数カ所、土壌での濃度や線量を測りセシウムかどうかや量も調べる。地上1メートルの線量の値がどんなとき、どれくらい蓄積しているかの関係を割り出す。天候が悪くて飛べないこともあり、1県分の結果が出るまで1カ月ほどかかる。

(2011-10-24 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汚染マップの関連キーワード大作り人文科文科省言始める織出す手斧始め早寝早起き朝ごはん運動文科省汚職事件佐世保バーガータニノ・クリスチー

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

汚染マップの関連情報