コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚泥ガス発電 おでいガスはつでんpower generation using sludge gas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汚泥ガス発電
おでいガスはつでん
power generation using sludge gas

下水処理場や養豚場などで,下水汚泥を処理する過程において,汚泥からガスを発生させ,このガスを利用して発電するシステム。下水汚泥中に含まれる有機物を消化槽 (密閉タンク) の中で嫌気性微生物を使って分解させる。このとき発生するメタンを主成分とするガス (消化ガス) をガスエンジンで燃焼させ,発電機を回して発電する。科学技術庁が 1981年からメタトピア計画として研究開発を進め,汚泥中の有機物 1kgが分解されて発生する消化ガスの発熱量は約 6000kcal/Nm3で,汚泥中の有機物 2kgで 1m3の消化ガスを発生させ,この 1m3の消化ガスで約 2kWhの発電ができることを確認した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

汚泥ガス発電の関連キーワードごみ発電

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android