コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚泥焼却灰と安全基準

1件 の用語解説(汚泥焼却灰と安全基準の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

汚泥焼却灰と安全基準

汚泥焼却灰は下水を濃縮する過程で放射性物質の濃度が高くなる。震災後、県内各地で、灰1キロあたり数千ベクレル放射性セシウムが検出され、セメントなどへの再利用はストップした。自治体は汚泥焼却灰を検査し、ホームページなどで公開している。最近では数百ベクレル程度まで低下してきた。国は、震災後に放射性物質を含む灰の取り扱い基準を作成。8千ベクレル以下なら埋め立てが可能で、セメントなどへの再利用では、製品段階で100ベクレル以下ならばよいとしている。

(2014-02-25 朝日新聞 朝刊 神奈川全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汚泥焼却灰と安全基準の関連キーワード崩壊熱濃縮法減圧濃縮凍結濃縮焼却灰と放射性物質下水汚泥問題放射性焼却灰の保管方法下水汚泥焼却灰農林業系汚染廃棄物の焼却施設下水汚泥

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone