江原小弥太(読み)えばら こやた

美術人名辞典の解説

江原小弥太

作家。新潟県生。東京物理学校卒。教師・記者・会社員海員・商人等職業を転々と変えた。独特な人世観を持ち、家族関係を宗教的観点から解釈し、新道徳、新思想にと努力した。倉田百三有島武郎・武者小路実篤らと共に大正文壇で宗教文学を代表する一人である。著書に『新約』『旧約』『復活』『江原小弥太短篇集』等がある。昭和53年(1978)歿、96才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android