コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江孜 ギャンツェGyangzê

世界大百科事典 第2版の解説

ギャンツェ【江孜 Gyangzê】

中国,チベット自治区南部の県,シガツェ(日喀則)地区東部の手工業,農業の中心。人口6万(1994)。清代にはチベットの蔵または後蔵部に属し,バンコル・チョエランのラマ大寺の門前にチベット第3の都会として発達した。20世紀初頭,開口をせまるイギリスとの戦争がおこったが,1904年のチベット・インド条約により終結をみ,市場が設けられ,南のツォモを通じてインド,ブータンとの交易が盛んとなった。イギリスの対チベット工作の拠点とされていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

江孜の関連キーワードギャンツェシガツェガルトク

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android