江孜(読み)ギャンツェ(英語表記)Gyangzê

世界大百科事典 第2版の解説

ギャンツェ【江孜 Gyangzê】

中国,チベット自治区南部の県,シガツェ(日喀則)地区東部の手工業,農業の中心。人口6万(1994)。清代にはチベットの蔵または後蔵部に属し,バンコル・チョエランのラマ大寺の門前にチベット第3の都会として発達した。20世紀初頭,開口をせまるイギリスとの戦争がおこったが,1904年のチベット・インド条約により終結をみ,市場が設けられ,南のツォモを通じてインド,ブータンとの交易が盛んとなった。イギリスの対チベット工作の拠点とされていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android