コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸家猫八(初代) えどや ねこはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江戸家猫八(初代) えどや-ねこはち

1868-1932 大正-昭和時代前期の寄席芸人。
慶応4年4月3日生まれ。歌舞伎の3代片岡市蔵の弟子であったが廃業落語家から動物や鳥などの鳴き声のものまねに転向。3代柳家小さんにみとめられ,弟子となる。客席との毒舌をまじえた掛け合いで人気をあつめた。昭和7年4月6日死去。65歳。栃木県出身。本名は岡田信吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江戸家猫八(初代)の関連キーワード大正

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android