コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江沢講修 えざわ ときなが

美術人名辞典の解説

江沢講修

江戸後期の国学者歌人。上総国夷熊隅郡部原村の名主幼名は久米之助、字は君習、通称は潤左衛門・縫殿助・太郎兵衛、号を伊浜・睦堂・知可之屋。熊木正応に書を、弓削周防に漢学を、大寂庵立綱らに国学を、本間游清に和歌を学んだ。万延元年(1860)歿、80才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

江沢講修の関連キーワード江沢述明

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android