江藤 俊哉(読み)エトウ トシヤ

  • 江藤 俊哉 (えとう としや)

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
バイオリニスト

肩書
桐朋学園大学学長 日本芸術院会員〔昭和62年〕

生年月日
昭和2年 11月9日

出生地
東京都

学歴
東京音楽学校(東京芸術大学)本科〔昭和23年〕卒,カーティス音楽学校〔昭和27年〕卒

経歴
4歳から早期音楽教育の“鈴木メソード”で知られる鈴木鎮一にバイオリンを習い、7歳でデビュー。12歳の時には音楽コンクールバイオリン部門第1位となり、天才児と謳われた。昭和23年東京音楽学校(東京芸術大学)在学中は渡辺暁雄、松浦君代、斉藤君代と弦楽四重奏団を組んで活動。卒業後、米国のカーティス音楽学校に留学、エフレム・ジンバリストに師事。在学中の26年、カーネギーホールで初リサイタルを開催した。卒業すると同音楽学校教授に就任。以来、36年に帰国するまで、日本人初の国際的バイオリニストとして演奏活動に従事。帰国後も演奏活動の傍ら、安永徹諏訪内晶子、堀込ゆず子、矢部達哉ら多くの後身を育成した。平成9〜16年桐朋学園大学学長。この間、昭和54年日本芸術院賞を受け、62年日本芸術院会員。ヴィエニャフスキ国際バイオリン・コンクールなど国内外のコンクール審査員も務めた。ネスカフェ「ゴールドブレンド」のCM“違いがわかる男”にも出演した。

受賞
日本芸術院賞(第35回)〔昭和53年〕 モービル音楽賞〔昭和46年〕,都民文化栄誉賞〔昭和60年〕,渡辺暁雄音楽賞(特別賞)〔平成12年〕 音コンバイオリン部門第1位(第8回)〔昭和14年〕

没年月日
平成20年 1月22日 (2008年)

家族
妻=江藤 アンジェラ(バイオリニスト),妹=江藤 玲子(ピアニスト)

伝記
魂の響き合うときふだん着でトーク神さまを見つけた30人 川畠 成道 著,入江 寛二 画千住 真理子 著加藤 宗哉 インタヴュー・文(発行元 北水音楽之友社女子パウロ会 ’01’89’89発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1927年11月9日
昭和時代;平成時代のバイオリニスト

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江藤 俊哉の関連情報