江見 水蔭(読み)エミ スイイン

  • 江見 水蔭 (えみ すいいん)

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の小説家



生年
明治2年8月12日(1869年)

没年
昭和9(1934)年11月3日

出生地
岡山県岡山市壱番町

本名
江見 忠功(エミ タダカツ)

別名
別号=怒濤庵,水蔭亭雨外,半翠隠士

経歴
明治14年軍人を志して上京するが、文学に関心を抱き、21年硯友社同人に。22年「旅絵師」を発表して作家生活に入る。25年江水社をおこし、文芸誌「小桜緘」を創刊。27年中央新聞に入社、「電光石火」などの軍事短編小説を連載。以後読売新聞、神戸新聞記者を経て、33年博文館に入り、「太平洋主筆、「少年世界」主筆もつとめた。35年退社。のち冒険小説、探検記を手がけ、41年成功雑誌社の「探検世界」主筆となり、同誌主宰の雪中富士登山に隊長として参加。主な作品に「女房殺し」「炭焼の煙」「絶壁」「新潮来曲」などがある。ほかに「自己中心明治文壇史」(昭2)があり、明治文学史の貴重な資料となっている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1869年8月12日
明治時代;大正時代の劇作家;小説家
1934年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android