コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池上・曾根遺跡 いけがみそねいせき

1件 の用語解説(池上・曾根遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いけがみそねいせき【池上・曾根遺跡】

大阪府和泉市池上町および泉大津市曾根町一帯に存在する弥生時代の集落跡。昭和初年からその存在が知られていたが,1969年に開始された第2阪和国道建設に伴う発掘調査によって,弥生時代前期の集落をめぐると推定される溝や,中期の大溝,住居跡,墓地等が検出された。遺跡の範囲は東西1000m,南北800mと推定されるが,前期の集落が南北約300mと推定されるのに比べて,中期には南北600mと大規模なものとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone