池松 文雄(読み)イケマツ フミオ

20世紀日本人名事典の解説

池松 文雄
イケマツ フミオ

昭和期のジャーナリスト 元・毎日新聞取締役論説主幹。



生年
明治36(1903)年5月8日

没年
昭和44(1969)年8月6日

出生地
熊本市黒髪町

学歴〔年〕
九州帝国大学法文学部〔昭和4年〕卒

経歴
昭和3年東京日日新聞(現・毎日新聞)に入り、政治部、ラングーン支局長、政治部長、論説委員、論説委員長を経て、33年取締役論説主幹、36年中部本社代表となった。39年に退社、アジア調査会事務局長となり、吉田茂、東畑精一会長の下でアジア調査会育成に尽力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android