池永 浩久(読み)イケナガ ツネヒサ

20世紀日本人名事典の解説

池永 浩久
イケナガ ツネヒサ

明治〜昭和期の映画製作者 日活撮影所長。



生年
明治10(1877)年3月24日

没年
昭和29(1954)年3月6日

出生地
大分県下毛郡

本名
池永 三治

別名
前名=沢田 憲

経歴
陸士の入試に失敗、税関吏となり神戸税関に勤めたが、明治33年海運業界に転じ、34年さらには壮士芝居改正義団の俳優となった。43年沢田憲の名で京都公演中、牧野省三を知り、牧野の紹介で横田永之助の映画に出演。大正元年映画トラスト日本活動写真(日活)設立と同時に京都撮影所総務に抜擢された。10年スターの尾上松之助が牧野の後の撮影所長となり、12年松之助の重役昇進と同時に所長に就任。15年重役となった。昭和7年日活を去るまで池永所長時代は続き、無声映画末期の日活全盛時代となった。8年太秦発声重役、12年東宝傘下に入って東宝重役となる。戦後24年東宝取締役を辞任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android