池田 寿夫(読み)イケダ ヒサオ

20世紀日本人名事典の解説

池田 寿夫
イケダ ヒサオ

大正・昭和期の評論家



生年
明治39(1906)年8月15日

没年
昭和19(1944)年11月9日

出生地
新潟市

本名
横山 敏男

学歴〔年〕
東京帝大農業経済科卒

経歴
昭和2年東京帝大入学後、学内に帝大同人雑誌連盟を組織し、3年「大学左派」を創刊してマルクス主義的文芸評論を発表。4年ナップに加入し、6年コップ機関誌部長となる。8年共産党に入党して検挙され、11年に出獄。出獄後は「批評」などに評論を発表し、やがて満州に渡り満州で死去した。46年、検事局に提出した手記が「日本プロレタリア文学運動の再認識」として刊行された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android