池田 大伍(読み)イケダ ダイゴ

  • 池田 大伍 (いけだ たいご)

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の劇作家



生年
明治18(1885)年9月6日

没年
昭和17(1942)年1月8日

出生地
東京府京橋区銀座(現・東京都中央区)

本名
池田 銀次郎

学歴〔年〕
早稲田大学英文科〔明治40年〕卒

経歴
早大時代から演劇を志し、明治44年に改組された文芸協会で坪内逍遙会長のもと演芸主任をつとめる。大正2年無名会を結成し、その第2回公演に「滝口時頼」を発表。以後「茨木屋幸斎」「西郷と豚姫」「名月八幡祭」「男達ばやり」などを発表。2代目市川左団次のブレーンとして知られ、昭和3年には左団次一座の訪ソ歌舞伎団に文芸部長の格で同行し、訪ソ公演を成功させた。晩年河竹繁俊に協力して「演劇大事典」の編集に着手した。「池田大伍戯曲選集」、「元曲五種」(復刻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1885年9月6日
明治時代-昭和時代の劇作家
1942年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android