コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田 宣政 イケダ ノブマサ

20世紀日本人名事典の解説

池田 宣政
イケダ ノブマサ

昭和期の児童文学作家 児童文芸協会顧問。



生年
明治26(1893)年1月20日

没年
昭和55(1980)年7月14日

出生地
東京府東秋留(現・秋川市)

本名
池田 宜政(イケダ ヨシマサ)

別名
筆名=南 洋一郎(ミナミ ヨウイチロウ),萩江 信正(ハギエ ノブマサ)

学歴〔年〕
青山師範学校〔大正2年〕卒

経歴
給仕をしながら正則英語学校夜学で英語を、青山師範学校時代は独語を独習。小学校教員の大正15年「なつかしき丁抹の少年」(単行本「桜ん坊の思ひ出」)を少年倶楽部に投稿。以後少年小説作家として次々と作品を発表。「リンカーン物語」「偉人野口英世」などの伝記もの、南洋一郎の名で「吼える密林」「緑の無人島」などの冒険小説、翻訳の「怪盗ルパン全集」、さらに萩江信正の名でスポーツ物語など旺盛な執筆活動を続けた。そのほか、「南洋一郎全集」(全12巻・ポプラ社)が刊行されている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

池田 宣政の関連キーワード林原美術館池田宣政池田厚子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android