池辺 義象(読み)イケベ ヨシカタ

20世紀日本人名事典の解説

池辺 義象
イケベ ヨシカタ

明治・大正期の国文学者,歌人



生年
文久1年10月3日(1861年)

没年
大正12(1923)年3月6日

出生地
肥後国(熊本県)

別名
号=藤園,知旦

学歴〔年〕
東京大学古典講習科〔明治19年〕卒

経歴
宮内省図書寮、一高、女高師などに勤務、帝室博物館歴史部員、史料編纂委員などを歴任。明治31〜34年パリ留学、帰国後京都帝大講師となった。大正3年御歌所寄人、臨時帝室編修局編修官などを務めた。著書に「日本文学史」「日本法制史」「歴史読本」「新撰日本外史」「仏国風俗問答」「欧州紀行」「古事記通釈」など。他に落合直文らと編んだ「日本文学全書」(全24巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

池辺 義象 (いけべ よしかた)

生年月日:1861年10月3日
明治時代;大正時代の国文学者;歌人
1923年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android