コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

決る・抉る・刳る しゃくる

大辞林 第三版の解説

しゃくる【決る・抉る・刳る】

( 動五[四] )
〔「さくる」の転〕
中をえぐる。また、溝を切る。 「西瓜をスプーンで-・って食べる」
液体や粉などをすくい取る。しゃくう。 「ひしゃくで水を-・る」
綱などを、すくうような動作で上下左右に動かす。 「鞭ヲ-・ル/ヘボン」
あごを軽く突き出すようにして上げる。人に横柄に指示する時の動作。 「あっちへ行け、とあごを-・った」
戸を持ち上げるようにして動かす。 「こりや何で門口閉めたと言ひつつ-・る潜戸くぐりどの/浄瑠璃・夏祭」
おだてて、そそのかす。 「お前小林から何か-・られたね/明暗 漱石
[可能] しゃくれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android