沈惟敬(しんいけい)(読み)しんいけい

日本大百科全書(ニッポニカ)「沈惟敬(しんいけい)」の解説

沈惟敬(しんいけい)
しんいけい
(?―1599)

中国、明(みん)代の人。嘉興(かこう)(浙江(せっこう)省)の出身。豊臣(とよとみ)秀吉の朝鮮侵略(文禄(ぶんろく)の)の際、明の兵部尚書(ひょうぶしょうしょ)(軍務大臣)石星(せきせい)に登用され、明側の外交担当となる。1592年(文禄1、中国・万暦20)、明軍敗北のあと、平壌で小西行長(ゆきなが)と会談。行長が明側に封(ほう)と(こう)を求めたのに対し、沈惟敬は明皇帝の意向を問うためと称して、時間稼ぎの50日停戦協定を結んだ。翌93年1月、平壌の戦いと碧蹄館(へきていかん)の戦いのあと、日明間に講和機運がおこるや、沈惟敬は行長と画策してその周旋に乗り出した。秀吉要求の和議7か条を明皇帝に伝えず、また、行長の臣内藤如安(じょあん)を秀吉の使者に扮作(ふんさく)して、日本は明の属国となり、秀吉は日本国王に封(ほう)ぜられたいと皇帝に伝えさせた。96年9月、沈惟敬は明皇帝の副使(正使は楊方亨(ようほうきょう))となり、大坂城に明皇帝の誥勅(こうちょく)を届けた。その内容が秀吉に対し「爾(なんじ)ヲ封ジテ日本国王ト為(な)ス」というものであったため、講和は破談となり第二次朝鮮侵略(慶長(けいちょう)の役)が起こった。日明両国をだました沈惟敬は翌97年7月、朝鮮で捕らえられ、99年9月北京(ペキン)で棄市(きし)(斬首(ざんしゅ)して(さら)す刑)された。

[北島万次]

『柳成竜著、朴鐘鳴訳『懲毖録』(平凡社・東洋文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android