コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沓形・鵄尾 くつがた

大辞林 第三版の解説

くつがた【沓形・鵄尾】

〔沓を立てた形に似ているのでいう〕
古代、瓦葺かわらぶきの宮殿や仏殿の棟の両端に取りつけた装飾。後世の鯱しやちほこ・鬼瓦の原形。とびのお。鵄尾しび

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

沓形・鵄尾の関連キーワード鬼瓦仏殿

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android