コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄国際大ヘリ墜落事故

1件 の用語解説(沖縄国際大ヘリ墜落事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

沖縄国際大ヘリ墜落事故

2004年8月13日午後2時15分すぎ、訓練中だった米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の大型輸送ヘリコプターCH53が沖縄国際大の構内に墜落、炎上。搭乗員3人が負傷したが、学生らにけがはなかった。校舎は壁が激しく焦げ、部品が近くの民家に飛び散った。整備不良が原因とされ、県警は航空危険行為処罰法違反の疑いで4人を書類送検したが不起訴に。米軍は整備士4人を降格や減給などの処分にした。

(2014-08-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖縄国際大ヘリ墜落事故の関連キーワード三島事件釧路沖地震五夜四時多部制の定時制高校久留米競輪場熊本大空襲阪神・別府航路金星太陽面通過大須大道町人祭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖縄国際大ヘリ墜落事故の関連情報