コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄戦と慰霊の日

1件 の用語解説(沖縄戦と慰霊の日の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

沖縄戦と慰霊の日

米軍が太平洋戦争末期の1945年3月に慶良間(けらま)諸島に、4月には沖縄本島に上陸。軍隊と住民が入りみだれる地上戦となり、当時の県民の4人に1人にあたる12万人以上が亡くなったといわれる。約3カ月にわたって激(はげ)しい戦いがつづいたが、6月23日に日本軍の司令官が自ら命を絶ち、組織的な戦闘が終わったとされる。沖縄県は戦後、この日を「慰霊の日」と決めた。

(2014-06-22 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

沖縄戦と慰霊の日の関連キーワード原子爆弾投下ドイツ問題イギリス映画北朝鮮特攻隊闇市陸軍省嶋清一ルーズベルトアバ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone