コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄戦集団自決と教科書検定

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

沖縄戦集団自決と教科書検定

1945年3月下旬、米軍は沖縄本島西の座間味島渡嘉敷島を攻撃し、4月に本島に上陸した。沖縄各地で住民集団自決が相次ぎ、座間味島では約130人、渡嘉敷島では300人以上の住民が手榴弾などで亡くなったとされる。05年8月に提訴された今回の訴訟は、高校の教科書検定に影響を与え、昨春に「軍の強制」を示す記述が削除された。だが、沖縄県で反発が強まり、文部科学省は昨年末までに、「軍が強制した」という直接的な記述は避けつつ「軍の関与」を示す表現を復活させる教科書6社の訂正申請を承認した。

(2008-03-28 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

沖縄戦集団自決と教科書検定の関連キーワード原子爆弾投下第2次世界大戦対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーンインドネシア

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android