コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄県うるま市 うるま〈し〉

1件 の用語解説(沖縄県うるま市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕うるま〈市〉(うるま〈し〉)


沖縄県にある市。
沖縄本島中部東岸、金武(きん)湾と中城(なかぐすく)湾に面し、与勝(よかつ)半島や沖合の平安座(へんざ)島、宮城(みやぎ)島、伊計(いけい)島なども市域に含む。2005年(平成17)、同県石川市と具志川(ぐしかわ)市、中頭(なかがみ)郡の与那城(よなしろ)町、勝連(かつれん)町が合併して成立。イグサ・ニンジン・茶・パイナップル・花卉(かき)の栽培や畜産が盛ん。近海漁やモズクの養殖も行われる。平安座島と宮城島の間の埋め立て地には石油備蓄基地がおかれている。浜比嘉島は北隣の平安座島と浜比嘉大橋で結ばれる。琉球王国時代の勝連城跡は国指定史跡およびユネスコの世界文化遺産に登録。安慶名(あげな)中央公園に安慶名闘牛場がある。伊波(いは)貝塚や仲原(なかばる)遺跡など史跡が多い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖縄県うるま市の関連キーワード沖縄海岸国定公園喜屋武岬コザ残波岬摩文仁沖縄本島沖縄電力宜野湾谷茶前節比謝川

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖縄県うるま市の関連情報