沖縄県八重山郡竹富町(読み)たけとみ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕竹富〈町〉(たけとみ〈ちょう〉)


沖縄県にある町。八重山(やえやま)列島の竹富島・西表(いりおもて)島・波照間(はてるま)島・小浜(こはま)島・黒島・鳩間(はとま)島・新城(あらぐすく)島など大小16の島々からなる。八重山(やえやま)郡
町役場は石垣市(石垣島)にある。各種の天然記念物など自然が残り、町域の大部分が西表石垣国立公園に属する。各島に固有の民俗文化があり、マリンスポーツ人気と合わせ、年間多くの観光客を集める。竹富島の種子取(たんどり)は国の重要無形民俗文化財に指定されている。農業ではサトウキビを中心に、パイナップル・スイカなどの果物の栽培、肉牛飼育、沿岸漁業も行われる。波照間島の下田原(しもたばる)城跡は国指定史跡。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android