コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄県南城市 なんじょう〈し〉

1件 の用語解説(沖縄県南城市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕南城〈市〉(なんじょう〈し〉)


沖縄県にある市。
沖縄本島南部、中城(なかぐすく)湾と太平洋に面し、沖合に浮かぶ久高(くだか)島、コマカ島などの島々も市域とする。2006年(平成18)、島尻郡の玉城村(たまぐすくそん)、知念村(ちねんそん)、佐敷町、大里村(おおざとそん)が合併して成立。サトウキビ・マンゴー・ゴーヤーなどの栽培と沿岸漁業、モズクの養殖が盛ん。建材の粟石(あわいし)を産する。三山(さんざん)時代の大里城跡をはじめ、城(グスク)遺跡が多い。久高島には沖縄発祥に関する神話・説話が多く残り、霊場の斎場御嶽(せいふぁーうたき)は国指定史跡およびユネスコ世界文化遺産。玉城百名にある受水走水(うきんじゅはいんじゅ)は稲作発祥伝説が残る聖地。テーマパークおきなわワールド文化王国・玉泉(ぎょくせん)洞がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖縄県南城市の関連キーワード喜屋武岬摩文仁沖縄本島漫湖沖縄電力糸満宜野湾豊見城南城比謝川

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖縄県南城市の関連情報