沖縄県名護市(読み)なご〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕名護〈市〉(なご〈し〉)


沖縄県にある市。
沖縄本島北部に位置する。国頭(くにがみ)地方の政治・経済の中心。那覇市まで通じる沖縄自動車道の起点で、交通の要衝でもある。小売・サービス業が発達し、商店や事業所官公庁出先機関が集中。製糖・ビール・食肉加工セメントなどの工場がある。サクラの名所で知られる名護城跡や、樹齢約300年のひんぷんガジュマル(国指定天然記念物)がある。2000年(平成12)にはサミット主要国首脳会議)の開催地となった。ブラジルのロンドリーナ市と姉妹都市提携。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沖縄県名護市の関連情報