コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄県国頭郡今帰仁村 なきじん〈そん〉

1件 の用語解説(沖縄県国頭郡今帰仁村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕今帰仁〈村〉(なきじん〈そん〉)


沖縄県にある村。沖縄本島北部、本部(もとぶ)半島北東部と、古宇利(こうり)島からなる。国頭(くにがみ)郡
サトウキビ・花卉(かき)のほか、スイカ・マンゴーなどの栽培が主産業。製糖工場がある。15世紀初めまで北山(ほくざん)王の本拠地だった今帰仁城(北山城)跡(国指定史跡およびユネスコ世界文化遺産)はサクラの名所。歴史文化センターが隣接する。古宇利大橋が古宇利島と名護市の屋我地(やがじ)島とを結ぶ。諸志御嶽(しょしうたき)の植物群落は、国指定天然記念物

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖縄県国頭郡今帰仁村の関連キーワード沖縄海岸国定公園喜屋武岬摩文仁沖縄本島漫湖沖縄電力宜野湾谷茶前節沖縄美ら海水族館在沖縄米海兵隊の実弾砲撃演習

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖縄県国頭郡今帰仁村の関連情報