コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄県国頭郡国頭村 くにがみ〈そん〉

1件 の用語解説(沖縄県国頭郡国頭村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕国頭〈村〉(くにがみ〈そん〉)


沖縄県にある村。沖縄本島北東端に位置する。国頭(くにがみ)郡
サトウキビパイナップル・柑橘(かんきつ)類・茶の栽培が盛ん。沖縄本島最高峰で国指定天然保護区・国指定天然記念物の与那覇(よなは)岳(503m)ほかの山々が連なり、国頭山地を形成。山林面積が村域の約8割を占め、木材チップ工場がある。辺戸(へど)岬付近は沖縄海岸国定公園の景勝地。アメリカ軍訓練場など軍用地がある。国指定史跡の宇佐浜(うざはま)遺跡(縄文時代)がある。与那覇岳周辺では国指定特別天然記念物のノグチゲラ、国指定天然記念物のヤンバルクイナなど貴重な動植物がみられる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖縄県国頭郡国頭村の関連キーワード沖縄島喜屋武岬摩文仁沖縄本島漫湖沖縄電力宜野湾谷茶前節与那原[町]在沖縄米海兵隊の実弾砲撃演習

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖縄県国頭郡国頭村の関連情報