コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄県国頭郡大宜味村 おおぎみ〈そん〉

1件 の用語解説(沖縄県国頭郡大宜味村の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕大宜味〈村〉(おおぎみ〈そん〉)


沖縄県にある村。沖縄本島北西部、東シナ海に面し、名護市の北東に接する。国頭(くにがみ)郡
畜産と、サトウキビパイナップルマンゴーのほか、シークヮーサーなど柑橘(かんきつ)類の栽培が盛ん。経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されている伝統織物の芭蕉布(ばしょうふ)が特産品。高齢者が多く、長寿村として知られる。旧盆の明けの初亥の日に行われる塩屋湾のウンガミは国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖縄県国頭郡大宜味村の関連キーワード沖縄海岸国定公園喜屋武岬残波岬摩文仁沖縄本島漫湖伊是名島宜野湾比謝川在沖縄米海兵隊の実弾砲撃演習

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone