コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄県国頭郡本部町 もとぶ〈ちょう〉

1件 の用語解説(沖縄県国頭郡本部町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕本部〈町〉(もとぶ〈ちょう〉)


沖縄県にある町。沖縄本島北部、本部半島北西部に位置し、沖合いの瀬底島・水納(みんな)島も町域に含む。国頭(くにがみ)郡
県下パイナップル栽培の発祥地でパイナップルのほか、サトウキビ・アセロラ・柑橘(かんきつ)類の栽培と、カツオ一本釣り漁が行われる。1975年(昭和50)開催の沖縄国際海洋博覧会跡地は国営沖縄記念公園海洋博公園として開設され、沖縄美(ちゅ)ら海水族館、海洋文化館などがある。本部港から伊江(いえ)島へ定期船便がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖縄県国頭郡本部町の関連キーワード沖縄海岸国定公園喜屋武岬摩文仁本部半島沖縄本島沖縄電力宜野湾沖縄美ら海水族館在沖縄米海兵隊の実弾砲撃演習嘉津宇岳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖縄県国頭郡本部町の関連情報