沖縄県島尻郡久米島町(読み)くめじま〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕久米島〈町〉(くめじま〈ちょう〉)


沖縄県にある町。沖縄本島、那覇市の西方約100kmに浮かぶ久米島・奥武(おう)島・オーハ島などからなる。鹿児島県徳之島の西方約64kmにある無人島の硫黄鳥(いおうとり)島を管轄。島尻(しまじり)郡
2002年(平成14)、島尻郡の仲里村(なかざとそん)、具志川村(ぐしかわそん)が合併して成立。サトウキビ・葉タバコ・花卉(かき)栽培や畜産が盛ん。クルマエビの養殖が行われる。国の重要無形文化財に指定されている久米島紬(つむぎ)が特産品。国指定史跡の具志川城跡がある。ハテの浜、イーフビーチなどの美しい海岸は観光客に人気。宇江城(うえぐすく)岳周辺は国指定のキクザトサワヘビ生息地保護区に指定されており、そのうちの開発規制区域がラムサール条約登録湿地となっている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android